即日キャッシング比較※今すぐ借りれるのはココ!

MENU

キャッシングとは?

キャッシングとは、クレジットカードのキャッシング機能を指しています。クレジットカードは現在、発行枚数が2億5千万枚を超えています。一人一枚の時代ではなく非常に多くの方が複数のクレジットカードを持っています。

 

キャッシングとカードローンの違い

メイン機能がショッピング時の会計になるのはクレジットカードです。そこにキャッシングという「サービス」が付帯しています。一方でカードローンは「融資専用」であり会計に使うことはできません。

 

融資がメインになるのか、サブ機能になるのかが最も大きな違いではありますが、そのほかにも目立った違いがあります。

 

  クレジットカードキャッシング 消費者金融のカードローン
即日融資 基本的には無理
返済方法 リボルビング払いか一括返済 分割返済
海外サービス ×

 

クレジットカードの契約は1か月程度はかかるものと覚悟しておかなくてはなりません。最近になって申し込みから利用開始までが素早いクレジットカードも目立ってきましたがそれでも「最短3営業日」です。消費者金融のように最短即日融資に対応しているものではありません。

 

キャッシングを即日で利用する為には

プロミス
CMでもお馴染みのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミス。お急ぎの方におすすめ!!抜群の審査スピードを誇ります!自動審査最短1秒※自動審査可能時間は9:00〜21:00です。ご契約可能額も即回答。50万円以下なら収入証明書不要。来店不要のWeb契約で最短即日で借入れ可能です!! 全国のコンビニや銀行などのATMで借入れ、ご返済の利用が可能なので便利です。主婦、学生(20歳以上)の方も、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申し込みできます。年利4.5%〜17.8%。最高融資限度額500万円。さらに注目なのは、初回30日間無利息サービスがあります!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。) 初めてで不安な方でも安心してご利用いただけます。豊富な実績と利便性がそろった安心・頼れるプロミスです。 ※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
金利 限度額 おすすめ
4.5%〜17.8% 500万 キャッシング,即日

アコム
CMで有名なスピード自慢のアコム。 Webでたった3項目の入力だけで借入可能か3秒で診断できます。審査回答はなんと最短30分!! 限度額50万円以下なら収入証明書もいりません。 ※他社を含めたお借入総額100万円を超えるお客様は必要となります。急なお申込みでも大丈夫。来店不要でWeb完結。即日振込可能!! Webお申し込み後、最短即日で借入可能です! 24時間・年中無休のアコムATMをはじめ、三菱東京UFJ銀行やコンビニATMでお借入・ご返済ができます。時間がない方に最適といえます。年利4.7〜18.0%。融資額は最大500万円。また、20歳以上の安定した収入のある学生の方もOKです。一定の収入があればアルバイト・パートの方にも融資が可能です。思い立ったらすぐお申し込み!「対応が良い」と評判が高い便利で安心のアコムです。
金利 限度額 おすすめ
3.0%〜18.0% 800万 キャッシング,即日

モビット
業界イチの抜群なスペックといえば三井住友銀行グループの「モビット」。ご利用開始までがとってもスピーディーなのが自慢です!! 10秒簡易審査で借入可能か即チェックできます。 WEB完結申し込みなら、Webやスマホですべて完結。また、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座をお持ちであれば、 WEB契約完結後、なんと平日14:50までに振り込み手続き完了で、3分程度でお振込が可能!即日借入れも14:50までに振込手続きが完了していれば可能です。お急ぎの方も大丈夫です!! 自宅や職場に電話や郵送物は一切ありません。年利3.0%〜18.0%と低金利で安心。最高限度額もゆとりの800万円。資金の使途は自由なので、おまとめなど幅広い使い方ができます。会員向けのサービスも充実しているので、契約後も安心・便利な「モビット」です。 ※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございますのでご了承ください。
金利 限度額 おすすめ
3.0%〜18.0% 800万 キャッシング,即日

レイク
生銀行が提供するカードローン!レイクなら審査スピード抜群! Web上の「お借り入れ診断」では、借入れ可能額がすぐに分かります。 Webお申し込みなら画面に審査結果を表示してくれます。急な出費にも安心!! 平日14時までにお手続き完了で即日振込みも可能です。安定した収入があればアルバイト・パートの方でもお申し込みが可能です。 CMも好評なレイク。手厚いサービスも魅力。初めての方なら2つの無利息ローンがあります!! 5万円まで180日間無利息or借入額全額30日間無利息を選べます。ぜひ、有効に利用してください!年利4.5%〜18.0%、最高限度額500万円。レイクATMやセブン銀行などの提携ATMでの返済手数料が無料なのも嬉しい。困った時に心強い味方となること間違いないです。
金利 限度額 おすすめ
4.5%〜18.0% 500万 キャッシング,即日

アイフル
「アイフルでホッ」のCMでおなじみの「アイフル」なら初めての方でも安心。融資可能かどうかも1クリック診断でなんと最短1秒です!!今すぐ分かります。来店不要のWebで契約完了できるのも便利。即日融資も可能です。面倒な契約書の郵送も不要!融資まで最短1時間!! お急ぎにもしっかり対応してくれます。年利4.5%〜18.0%。最大限度額300万円。1000円から融資OK。 ATMやコンビニなどいろいろ選べる返済方法で計画的にご利用いただけます。年収による申し込み制限がなく、パート、アルバイト学生の方も申し込みが可能なことも人気です。初めてのお客様や女性の方には専用のフリーダイヤルも心強いです。安心と信頼を求めるなら!「アイフル」です。
金利 限度額 おすすめ
4.5%〜18.0% 500万 キャッシング,即日

 

また、返済方法には特にクレジットカードは気を付けなくてはならないでしょう。リボルビング払いはクレジットカードの特徴の一つです。

 

毎月の返済額は定額であり「毎月の支出に変動がなく計画が立てやすい」メリットがある一方で、「毎月の支出が変わらないために実際に利用している金額が把握しづらい」デメリットもあります。だからこそクレジットカードは使いすぎにより気を付けなくてはなりません。

 

ただし、クレジットカードは海外キャッシングに対応していることも多く、海外旅行先でも空港や駅などで現地通貨で引き出しができます。両替の手間がなく、現金を持ち歩かずにすむことからも海外旅行者にとっては必需品ともいえるでしょう。

 

気を付けなければならないこともあります。
借り入れ金利のほかに、為替レートも注意」が必要です。

 

クレジットカード会社によって違いがありますが、「利用時の為替レート」の場合もあれば「カード会社に請求された時点での為替レート」の場合もあります。急な変動があれば大きな負担になりかねません。

 

クレジットカードのキャッシング枠は、消費者金融と同じ貸金業です。ショッピング枠は一括払いであれば手数料無料などメイン機能だけあって多くのお得なサービスがあります。しかし、ショッピング枠はあくまでもサービス機能。そのため金利は決して低くはありません。

 

大手消費者金融と変わらない金利になっており、通常100万円未満で18.0%、100万円以上で15.0%です。利息制限法通りの金利ということでしょう。

 

ところがクレジットカードの場合、ショッピングサービスに大きな枠が設けられ、キャッシングでは枠が小さく設定されることが多くなっています。クレジットカード会社によって違いがありますが例えばこのような枠の決め方があります。

 

全体の限度額が決まる

→ショッピング枠+キャッシングの合計限度額が決まる。
 50万円が限度額とすればその範囲でショッピングもキャッシングも利用できる。

 

ショッピング枠の限度額とキャッシングの限度額が違う

→メインとなるショッピング枠の限度額、キャッシングの限度額が分けて決まる。
 たいていの場合、ショッピング枠の限度額が圧倒的に大きい

 

ショッピング枠の限度額のほか、キャッシングを利用するなら審査が必要

→ショッピング枠とキャッシングの保証会社が異なる場合、申し込みが別に必要になる場合もある。

 

キャッシングの審査は

クレジットカードの契約数年々増えています。申込者数と契約件数、ここから審査通過率も見えてきます。
日本クレジット協会が公表しているデータです。

 

  対象社数 申込件数 契約件数
平成25年1月〜12月 309社 2,675万件 2,025万件
平成26年1月〜12月 300社 2,635万件 1,996万件
平成27年1月〜12月 294社 2,923万件 2,250万件

 

平成27年の申込件数2923万件に対して契約件数は2250万件。審査に通過できなかった673万件があります。つまり、審査通過率は77%と高い数字であることが分かります。

 

ただし、クレジットカードのメイン機能はショッピングです。商品購入時や会計時に利用するカードとして使われています。実際に「お金を借りる」ことを目的として使っている方は少数で男女ともに40代以上の利用率が高くなっています。

 

消費者金融と同じ貸金業となるのはクレジットカードのキャッシング枠のみ。そのためキャッシング枠は総量規制の対象となり「個人が貸金業から借り入れる総額は年収の3分の1が限度」の枠に当てはまります。